FX市場から退場せず、成長し続けるために必要な資金計画の立て方とは?

資産運用では資産を減らさないことが大切です。

一度減らしてしまうと取り戻すのが大変になるからです。

例えば、100万円からFX取引をはじめて10%の損失を出し、資金が90万円になってしまったとします。

損失 100万円×10% = 10万円

資金 100万円 – 10万円 = 90万円

下の100万円に戻すには何%利益をあげればいいでしょうか。

10%の損失を出したのだから、10%の利益をあげればいいでしょうか。

計算すると

利益 90万円×10% = 9万円

資金 90万円 + 9万円 = 99万円

10%の損失を出してしまったら、10%の利益では損失を埋めることはできません。

同様に、50%の損失を出した場合、50%の利益では元本を回復できません。

その理由は、投資金が目減りするためです。

損失を出せば出すほど、投資金がどんどん減っていき、より資産を増やしにくくなります。

それでは、対応はどうすればいいのか?

実は、外為どっとコムさんのサイトにより詳しく対応方法を整理した記事をアップしています。

よければぜひこちらを御覧ください。

外為情報ナビ>FX市場から退場せず、成長し続けるために必要な資金計画の立て方とは?

 

 

 

 

関連記事

  1. 老後2000万円の資産形成のために一番最初にできる簡単なこと

  2. 外貨預金は「預金」ではなく手数料の高い「FX」です

  3. お金を2倍にするまでの年利と年数を計算する72の法則

  4. 移動平均線のパラメーターについて考える

  5. 大手FX会社のサイトに資産運用の記事を納品

  6. 投資日記にオススメの株式手帳

  7. FXでドルコスト平均法は適していないと思う理由

  8. バルサラの破産確率の計算式