リーマンショックもコロナも苦境知らず!!絶好調・ニトリの33年連続増収増益に迫る【カンブリア宮殿視聴】

増収増益33年連続!ニトリとは?

日本最大の家具チェーン「ニトリ」。新型コロナの影響で大手企業も苦戦を強いられる中、今期の業績も増収増益が確実視されているといいます。なんとニトリの増収増益は驚異の33年連続。苦境を物ともしない、安定した好業績の秘訣とは?

テレビ東京カンブリア宮殿にて、【33年連続の増収増益を実現!家具の王者・ニトリが大変貌した秘密】を視聴しました。

緊急事態宣言により売り上げは落ち込むかと思いきやコロナ禍でも店舗は連日の大盛況でした。番組では、テレワークや自粛による「おうち時間」を過ごす方がより快適な生活グッズを求めてニトリへ足を運びカートいっぱいの商品を購入している姿が映し出されていました。

一代で6000億円企業!ニトリの創業者・似鳥昭雄とは?

この絶好調のニトリを一代で築いたのが創業者であり、持ち株会社の会長を務める似鳥昭雄氏です。徹底して客の立場で考える事にこだわり、現場を視察した際は厳しい目線で展示方法に指示を出します。さらに開発会議に参加した際は、次年度に発売する約50商品全てのプレゼンを受け、納得の商品のみ許可を出しています。時代は「安かろう」ではダメであり、「プラス機能性」が付いてこなければ売れない世の中だといいます。ニトリとしてお客が希望するのであれば機能性商品をつくらなければならないと使命感を持って新商品開発に力を入れていました。

ヒット連発!ニトリの『Nシリーズ』とは?

そのニトリが生み出した大ヒット商品『Nシリーズ』をご存知でしょうか。NITORIの『N』を冠した絶対の自信を持つこのシリーズには様々な種類が存在し、ソファなどに使用される『Nポケット』は高品質なクッション性もさることながら高い耐久性に優れています。他にもあったか寝具として、防寒に優れた『Nウォーム』は、独自開発の汗などの湿気を熱に変える素材を使用し、すぐに暖かくなる事で毎年冬になる度に大ヒットが続いているといいます。反対に夏場には触るとひんやりする寝具、『Nクール』が毎年ヒットを記録するなど、毎年200億円ずつの売上をあげる人気シリーズとなっています。

ニトリの機能性実現の秘密は素材開発から

ニトリの商品開発は、中国の製品メーカー・帝人の研究開発施設と手を組み、断熱素材や冷感素材など原料から開発する事で他社が真似できない商品を安価で提供できるといいます。

似鳥会長は、創業当初は他社の素材を使用した事もあったといいます。しかし、どうしても妥協できない部分が生じてしまう。そういった「不満」「不便」を感じた時こそ『何かないか』に変換する機会に変えてきたそうです。そうして自分達で満足できるものを開発してきた事の積み重ねがニトリの歴史そのものだといいます。

ニトリの売りである高品質・高機能・低価格の裏に潜む、商品開発における執念とプライドを垣間見た気がしました。客の立場になるというのはホームページなどで募集するだけでなく、自らの生活においても常に感じ取る事もできるのだと脱帽の思いでした。

(画像:テレ東BOD)

安さ一辺倒から品質重視へ!ニトリの方針転換

カンブリア宮殿では13年前にもこのニトリを特集していましたが、当時の似鳥会長は安さ重視の経営方針で、「1に安さ、2に安さ、3に安さ」と謳っておられました。高級家具店と一線を画し高所得者をターゲットから外す事で急成長を遂げていました。

そんな折、リーマンショックが起こりました。製造業がバタバタ倒れ、部品供給もままならない中、ニトリは値下げキャンペーンを強行しました。消費が冷え込んでいる中、ニトリには人が溢れて経営は順調になりましたが、客層の変化も顕著に表れてしまいました。客層が低所得のみに推移してしまった為、安かろう悪かろうのイメージが定着し始めました。そうなると、会社は先細りする事が目に見えてしまいますので、先を見据えた似鳥会長は方針転換を決意します。安さ一辺倒から品質重視とする事を宣言します。離れてしまった客層を取り戻すべく『品質業務改善チーム』を設け、部品単位で改善点を洗い出し品質向上にシフトしました。商品作りに妥協しないニトリが、完成した商品に対してももう一度イチからチェックする構造を確立し、今日のニトリを築きあげました。

似鳥会長 幼少期の落ちこぼれ時代を経て億万長者へ

一代で数々の逆風にも打ち克ち、6000億円企業を成し遂げた似鳥会長ですが、何と幼少期はご自身の名前も漢字で書けず、勉強の成績は最下位だったといいます。数年前に発達障害である事が判明したそうです。ただ、会長は若い人や同じ症状の方に、何も卑下する事なく夢や可能性を持ってもらいたいといいます。落ちこぼれで命を絶つ事も考えていたそうだが、ニトリを創業して商売に打ち込みはじめてからは、色んな事が違って見えてきたといいます。99の欠点があっても1つの長所を見つける事が大事という似鳥会長。34年連続の増収増益も確実視された背景には、勉強は苦手だったけれども商売が得意という自分の長所を見つけて伸ばしてきたことがあったと思いました。

ニトリの島忠買収はさらなる買収劇の始まり!?

昨年ニトリはホームセンターの大手『島忠』の買収を発表しました。島忠の値段は下がるだろうし、ニトリの取扱商品にも幅がでてくるとおっしゃいました。今後ホームセンター以外の業種も視野に入っているかのような発言にわくわくしてしまいました。今後もニトリから目が離せません。

番組の視聴はテレ東ビジネスオンデマンドで

カンブリア宮殿などテレ東のビジネス番組は月額課金のサービス、テレ東オンデマンドで視聴できます。アプリを使えば2倍速再生などできて非常に便利です。今回のテーマは以下のリンクから視聴可能です。

https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/cambria/vod/post_217043/

関連記事

  1. カンブリア宮殿【不用品に命を吹き込む リサイクル革命の全貌に迫る!】1…

  2. ガイアの夜明け【新型コロナ 台湾の奇跡!~日本と何が違ったのか~】10…

  3. “【え、それだけでいいの?】ブログで月1万円を稼ぐ超シンプルな方法”を…

  4. 今こそ“原点”!百貨店サバイバル〜髙島屋・三越伊勢丹の新戦略〜【ガイア…

  5. 東京一番フーズのM&Aについて思ったこと【ガイアの夜明け視聴…

  6. カンブリア宮殿【デカ盛り・激安だけじゃない!圧倒的差別化で再ブレークし…

  7. ガイアの夜明け【“大戸屋”買収劇の真相~人気定食チェーンはなぜ狙われた…

  8. カンブリア宮殿【コロナでも大躍進途上国の雇用守るマザーハウス】11/5…