iOSファイルのバックアップがMacbookを圧迫していました

iOSのバックアップファイルに注意

いつものようにiPhoneをMacbookに接続してバックアップを取っていると、空き容量が不足しているとメッセージが出ました。

1TBの大きなストレージを購入したので、予想外だったので、いろいろと調べたところ、以下のような状況に!

Macbookのストレージを圧迫

容量不足になったため、その他のソフトウェアからも容量不足のエラーメッセージが表示されるようになりました。

iTunesに保存されているiOSバックアップファイルが原因

iOSのファイルでこのように容量を必要とするのはおかしいなと思って調べてみたら、iTunes内に何世代ものiOSのバックアップファイルが保存されていることがわかりました。

iTunesに保存されているiOSバックアップファイルの確認方法と削除方法

新たに開いたウィンドウの上部にある「デバイス」をクリックすると、以下のようにバックアップされたiOSのファイルが確認できます。

iPadを1台、iPhoneを1台持っているのですが、以前の機種のバックアップなど、もう使わないだろうなというファイルもしっかりと保存されています。

これらの使わないバックアップがMacbookのストレージを圧迫する原因でした。

これらの不要なファイルを選択すると「バックアップを削除」というボタンが青色になって押せるようになるので、クリックして削除してください。

これでMacbookのストレージの空き容量が確保できるはずです。

 

関連記事

  1. AirPods片方の充電できない不具合を修理しました

  2. Macの画面と音声を動画にする方法(画面キャプチャ)で英単語暗記用教材…

  3. Googleの勝因はたったひとつの単純な答え!?~ネットビジネスの勝者…

  4. キーボード修理プログラムに出したMacBookが1日で修理されて戻って…

  5. Microsoft 365のメールアドレスに、外部で取得した独自ドメイ…

  6. AirPodsユーザーにおすすめしたい落下防止のシリコンカバー