“【漫画】33歳で手取り22万円の僕が1億円を貯められた理由【要約】”を視聴して

給料は増えず、出費ばかり増える日々、貯金はおろか億万長者なんて絵に描いた餅…。そう愚痴っておけばお金と向き合わなくていいように思っていませんか?

今回平凡なサラリーマンでも実行でき、ほぼ確実にお金を増やす事ができる動画を教えてもらったので紹介します。

この動画内で紹介された、著書が『「僕が1億円を貯められた方法」著者:井上はじめ』です。この本によると、サラリーマンでも1億円を貯める為の方法が井上さんの実体験を交えて解説されていました。

その前にまず井上さんの情報を少し紹介します。サラリーマンをしていた井上さんは。食品会社の営業をしていました。ある日残業を終えて遅くに帰宅する際、70キロで走行する乗用車にハネられ生死をさまよう大事故にあいます。会社は助けるどころかリストラされてしまいました。そうした経緯を経た井上さんの助言が以下の通りとなります。

会社は守ってくれない

何かあったら会社が助けてくれると思っていたが、現実は替えのきくサラリーマンの面倒を見続けてくれたりはしない。会社員というのは安定そうに思えるが、会社に貢献できていてこそだという事を知っておくべきです。

自分の向き不向きを見極める

デイトレードやアフィリエイトなどお金を稼ぐ手段は多数存在し、それによって成功を収めて稼いでる人も多数いますが、自分も同じように稼げるかは向き不向きがあります。ずっと続けたいと思えるくらい楽しめる事でないと挫折してしまいます。

お金がなければ挑戦できない

井上さんは無収入状態になった時、大学時代からやっていたある事により充分な貯金ができていました。自身の蓄えを基にデイトレードやアフィリエイトなどに挑戦し自分には向いていないという判断を下せました。お金がなければ勉強する事も、挑戦に費やす時間も得られないのです。

世界経済に投資せよ

GDP=国内総生産と呼ばれるお金の総量を、世界のGDPとして表すと、1985年13兆ドルしかなかったのが、2005年には47兆ドルと、世界中で一年間に稼がれるお金の数が実に3.6倍となっています。

人口増加と共にGDPは増えていくので、2050年には250兆ドルにも増え続ける試算となっています。世界経済に投資する事ができれば大きく増やす事ができるのです。

投資信託から誰でも少額で世界経済に投資できる

100円から投資する事ができる為、株が怖いと思っている人も証券口座を開設するきっかけにしてみてもいいでしょう。維持費もかかりません。井上さんは「世界経済インデックスファンド」というものを買い、世界経済に投資しました。

唯一のネックは儲かるがゆっくり増える為、こまめにチェックする必要がなく刺激が少ない…

世界経済に投資するという事はゆるやかで長期的に増えていく為、こまめにチェックする必要がない為「はっきりいいってつまらない」といいいます。意気揚々と証券口座を開設したならなおさら拍子抜けしてしまう感覚を持つでしょう。

世界経済に投資すると少しずつだが増えていく。記録しながら節約し毎月投資に回す事が肝心

わかりやすく毎月1日にチェックし、運用記録をつけ世界経済に投資している事が間違っていないと自覚しましょう。利益が出たらさらに上乗せする事が肝心です。

お金をゆっくりだが確実に増やす事ができます。銀行に預けておくか、投資に回すかで数年後・数十年後に驚愕の差が生まれますので、参考になればと思います。

関連記事

  1. カンブリア宮殿【コロナ危機に立ち向かう北海道!地方復活のヒントを探る】…

  2. 中小食品メーカーの救世主!生産者直売のれん会の1坪ショップビジネスでコ…

  3. カンブリア宮殿【巨大ビール会社を大改造せよ!変化を恐れないキリンの挑戦…

  4. ウーバーイーツはまだまだ成長中!働き方の革命を起こした仕組みとは⁉【カ…

  5. 72の法則の計算式〜数学が得意ではない人にもわかるように

  6. 肉より美味い“大豆ミート”を作る! 不二製油の60年の闘い!【カンブリ…

  7. ガイアの夜明け【いま“木造”が大変貌!~新技術が家と街を変える~】

  8. ゲーミングPCを自作したいなぁ(情報収集中)